症状別治療例(新脳針)

弱った脳を活性化する「新脳針」の効果!

「新脳針」とは、頭部と全身の必要なツボ(核点と患部)に針を刺して、0.7mmAの微弱電流を流し刺激を与え、脳神経細胞を活性化させるという治療法です。

当院では、「新脳針」で脳神経細胞の活性化を行う事で 脳神経伝達物質のアドレナリンの分泌を抑え、「脳内ホルモン」であるドーパミンやセロトニン、そして鎮静作用のあるエンドルフィンを多量に分泌させることにより、正常に近づき、病気(難病)の治療に効果を発揮させると考え治療を行っています。

新脳針模式図私たちの身体は、寒さや外傷などの外からの刺激と精神的な感動や内臓の障害などの内からの刺激に対して、反応します。激しい痛み(圧痛)、筋肉のしこり(硬結)、血管の収縮による循環器障害(冷え、萎縮)など様々な原因により、脳神経細胞に萎縮が起こります。

東洋医学ではこうした反応点がいわゆるツボ(新穴)で、診断・治療のポイントになります。こうしたツボ(新穴)に針をさしたり、0.7mmAの微弱電流刺激を注入するのが、『新脳針』です。

その刺激は脊髄から内臓神経や脊髄、血管に作用し、さらに脳にまで反射的に作用し、病気を治していきます。

新脳針について詳しく見る

新脳針の適応症・治療例

主な来院症例
  • パーキンソン病
  • 脊髄小脳変性症
  • 脳梗塞・脳内出血 後遺症
  • 耳鳴り・難聴
  • 顔面神経麻痺
  • 脳室周囲白質軟化症(PVL)
  • てんかん
  • 自閉症
  • その他の症例一覧

パーキンソン病
(進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症・パーキンソン症候群・ふるえ(本態性振戦))

新脳針で手足のふるえや歩行困難・動作緩慢などの症状が改善!!

堂島針灸接骨院は(現院長は3代目)90年の歴史の中で、あらゆる難病治療に対する研究を重ねてまいりました。
その中で頭部と全身の必要なツボ(核点と患部)に針を刺して、0.7mmAの微弱電流を流し刺激を与え、脳神経細胞を活性化させる療法を「新脳針(しんのうしん)」と命名し確率しました。
90年を過ぎた歴史と今までの治療カルテが証明する「新脳針(しんのうしん)」療法により、パーキンソン病の進行・悪化を防ぎ、日常生活を少しでも過ごしやすくなっていただけるように、毎日全国から来られる患者様を治療しております。 改善の仕方や効果などは、お一人お一人の症状によって様々ですので、初診の際に当院の実績データを元にカウンセリング(問診)を行い、症状にあった治療計画をご説明させていただきます。どんな些細な症状やお悩み事でもお話しいただき、改善しより良い日常生活を送っていただけるようサポートさせていただきますので、私たちと一緒にパーキンソン病を克服しましょう!

患者様の声

パーキンソン病について

パーキンソン病とは、手足の振え、歩きずらい(小刻み歩行・すくみ足)動作がゆっくりになる(動作緩慢)などの症状が主体となる疾患です。
その他 自律神経症状として便秘やたちくらみ(起立性低血圧)などの症状が発現することがあります。
また、進行してくると体が前かがみ(前傾姿勢)突進歩行やバランスを崩したときに立ち直ることができなかったり(姿勢反射障害)表情が乏しくなってきた(仮面様顔貌)字が書きにくい(書字困難・小字症)などの症状が発現することもあります。
パーキンソン病の振えの特徴として、リラックスしているときや、筋肉を休めているときにふるえが発現します(安静時振戦)。
好発年齢は40 才〜50 才以降に発症しますが、稀に20 才〜30 才代で発症するケースもあります(若年性パーキンソン病)。
パーキンソン病には「家族性パーキンソン病」と言って、パーキンソン病全体の1 割ほどが遺伝的因子によって起きると言われています。特に40歳以前に発症する若年性のパーキンソン病は、遺伝によるものが多いと言われています

パーキンソン病の原因

パーキンソン病の原因は不明ですが、脳の中の中脳という場所でドーパミンという神経伝達物質を作り出す「黒質ドパミン神経細胞」が少なくなることによって、発症すると考えられています。

パーキンソン病の初期症状

左右どちらかの手や足の振えや、歩きずらい、よくつまずくなどの症状から発症することが多く、徐々に同じ側の手や足、そして反対側にも症状が出現してきます(中には振えなどの症状が出ない方もおられます)。

パーキンソン病の検査方法

脳のMRIやCTなどの検査では異常が見られないことが多く、震えやパーキンソン病特有の歩行障害、動作緩慢などの症状があり、抗パーキンソン薬の効果が認められるとパーキンソン病と診断されます。
また、パーキンソン病と同じような症状(パーキンソニズム)を発現する疾患として
脳血管性パーキンソニズム(脳梗塞や脳血管障害など)
薬剤性パーキンソニズム(抗うつ剤、抗精神病薬など)
多系統萎縮症
進行性核上性麻痺
大脳基底核変性症
…などがあります。

パーキンソン病の治療方法

西洋医学では薬(Lドーパ)による治療が中心です。
長期服用すると振えとは違う不随運動(ジスキネジア)が現れる事があり、薬(Lドーパ)の内服薬を減らし補助役を併用することが推奨されています。

当院で行っている「新脳針療法」は頭部を中心に全身の必要なところに鍼や灸を施し、微弱の電流を流すことで脳の弱った部分を活性化させるという治療法です。

患者様の声

パーキンソン病に対して「新脳針療法」を行うことで 手足の振えや歩行困難・動作緩慢などの症状を改善し、随伴する便秘や首や肩のこり、腰の痛み、身体のこわばり等の症状に対しても治療を行い、全身的に調子を整え病気の進行悪化を遅らせます。

パーキンソン病の患者様の多くは、病院での服薬治療を受けている方が多く、「新脳針療法」と併用することで お薬の量を減らせたり、増やすことなく何年も維持されている方もおられます。
(長期服用によるジスキネジアなどの不随運動を緩和することも期待できます)

改善例&患者様の声

  • 患者様の声
  • 病院の先生に「進行がみられない」と言われた
  • 動作が早くなり、着替えがスムーズに行えるようになった
  • ふるえが緩和され、大きな声で話せるようになった
  • 歩行しやすくなり、便秘が改善し気持ちが前向きになった
  • 初めの一歩が出やすくなった
  • 手の震えがなくなった
  • 首のコリが緩和された

患者様の声患者様の声患者様の声

予約受付中!

ご予約・お問い合わせ

電話06-6345-1000

FAX06-6347-0199

ページトップへ

脊髄小脳変性症
(オリーブ橋小脳萎縮症・間質性小脳萎縮症・多系統萎縮症・線条体黒質変性症・シャイドレーガー症候群)

脊髄小脳変性症とは、歩行時のふらつきや呂律がまわりにくいなどの運動失調を主な症状とする疾患です。
運動失調症状として、眼振[がんしん]やものを取ろうとして目測を誤ったり、手が震えたり(企図振戦[きとしんせん])うまくつかみにくかったり、字が書きにくくなるなどの症状が発現することがあります。
また、自律神経症状として トイレの回数が多い、出にくい、漏れる・・などの排尿障害や、たちくらみ(起立性低血圧)などの症状が発現することがあります。
脊髄小脳変性症の発症は中年期以降に多いですが、病型によっては小児期にも発症します。

早期のご受診をお勧めしており、病院での診断が出ていない方や原因が不明といわれている方でもまずはお気軽にご相談下さい。

改善例&患者様の声

  • 患者様の声
  • 「1〜2年で寝たきりになる」と言われたが、5年経っても歩くことができる
  • 言葉が聞き取りやすいと家族に言われた
  • 文字が書きやすくなった
  • トイレの回数が減り、日常生活が楽になった
  • 食事(嚥下)がしやすくなった
  • 手足の冷えが 少し改善された
  • 首のコリが緩和された

その他の症状治療例はこちら

ページトップへ

脳梗塞・脳内出血 後遺症

脳血管障害の後遺症は「言語障害」「記憶障害」「ふらつき」「歩行障害」「視覚障害」「半身不随・片麻痺」など、脳の損傷(梗塞・出血)が起きた部分によって症状は多種多様です。
頭部〜全身の症状に応じたツボに鍼灸治療を施すことによって、血流を良くしたり、感覚を改善したり、筋肉の緊張を緩和させたりします。
また新脳針治療によって脳神経全体を活性化させることで、ダメージを受けた部分を補う(代償する)ことができる可能性があります。

改善例

  • 歩行しやすくなり装具が外れた
  • 指や肘の硬縮がなくなり、手の感覚が戻ってきた
  • 言葉が少しずつ出てくるようになった
  • 肩の亜脱臼がなくなり、腕を上げられるようになった

その他の症状治療例はこちら

ページトップへ

耳鳴り・難聴

耳鳴り・難聴は「首・肩のコリ」「体の衰弱(老化・腎虚)」「ストレス」「不規則な生活習慣」「不眠・不安」「騒音」など、様々な原因によって引き起こされます。
そのため耳だけではなく全身(頭や手足)のツボを使って鍼灸治療を行い、脳神経や自律神経(脊髄神経)を調整して、気血のバランスを整え、コリをほぐし、耳の神経を正常に導きます。
また先天性難聴・小児の難聴も治療しており、個々の患者様の体質や症状に合わせて治療いたします。

改善例

  • 耳鳴りが気にならなくなり、眠れるようになった
  • 病院の検査で100デシベル→40デシベルになった
  • 頭痛やめまいがなくなり、首肩のコリも楽になった
  • テレビの音量が下がった

その他の症状治療例はこちら

ページトップへ

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療は大変効果が高く、とくに発症してから早期(〜1週間)であれば完全に回復する方が多いです。(三叉神経痛の症状にも効果が期待できます。)
麻痺している部分の他に頭部〜足まで全身的に治療を行い、重要なツボに微弱な電流を流します。
お顔に針を打ちますが、低刺激の針を使用しておりほとんど痛みはありませんのでご安心ください

体質や出ている症状に個人差があるように、治療経過にも個人差があります

改善例

  • 閉じにくかった目が閉じられるようになった
  • 飲み物がこぼれにくくなった
  • 顔のゆがみ、頬のひきつり(ケイレン)がなくなった
  • 顔の表情が自由に動かせるようになった

その他の症状治療例はこちら

ページトップへ

脳室周囲白質軟化症(PVL) (脳性麻痺(CP)・裂脳症)

脳室周囲白質軟化症は、脳の虚血により脳の一部が変性する病気です。主に運動面の障害があらわれて、筋肉が緊張して動かしにくくなることが多く、つま先立ちのようになり(尖足)歩行しにくくなります。
他にも言語障害や精神面での遅れを伴うこともあります。
当院の鍼灸・新脳針治療では、症状が出ている運動・言語・感情などを司る脳の領域に刺激を入れて、脳を活性化させて神経回路の発達を促し、手足からも刺激を入れて緊張を和らげていきます。

治療開始時期の目安
生後40日目〜体重が5キロ未満は小児はり(刺さない皮膚刺激のみ行う鍼治療)を行います。
そして体重が5キロになってからは鍼灸・新脳針治療が可能です。
お子様の状態に応じて治療の開始の時期には個人差がございますので、まずはお気軽にご相談下さい。

改善例

  • かかとを地面につけて歩けるようになった
  • 手先が器用になり、お箸を上手に使えるようになった
  • 足が柔らかくなりよく動くようになって、寝返りができるようになった
  • 眼振(眼球が勝手に動く)がなくなった

その他の症状治療例はこちら

ページトップへ

てんかん (点頭てんかん(ウェスト症候群)・ミオクロニーてんかん)

てんかんに対しての鍼灸・新脳針療法は、高い効果が期待できます。
脳内の異常興奮を起こしている領域に、鍼灸・新脳針治療を行い、通電刺激を加えることで完治することが期待できます。薬の服用を続けながら治療を進めていきます。
大人の方はもちろん、小児てんかんの治療も行っております。

改善例&患者様の声

  • 患者様の声
  • 発作の回数・度合いが軽減した
  • 脳波が正常になり、てんかん波が消失した
  • 体温調整ができるようになった
  • 発達遅滞(知能面・運動面)に改善がみられた

その他の症状治療例はこちら

ページトップへ

自閉症
(高機能自閉症・アスペルガー症候群・自閉傾向・発達遅滞・言葉遅れ)

自閉症は、先天的に中枢神経系(脳と脊髄)の働きに問題があるため、情報伝達がスムーズにいかないことや、遺伝子の配列異常によって起こると言われています。
そのため、当院では頭部を中心に身体の必要な部分に鍼灸治療(新脳針)を施して、中枢神経に刺激を与えて精神面・知能面・運動面の成長を促進させます。
一生この障害と付き合っていかなければなりませんが、当院での鍼灸・新脳針治療の他、適切な療育や教育、周囲の理解・支援、ご家族の努力によっても大きく状態が改善されていきます。

早期のご受診をお勧めしており、病院での診断が出ていない場合にもお気軽にご相談下さい。
また、注意欠陥多動症(ADHD)・学習障害(LD)の鍼灸・新脳針治療も行っております。

改善例&患者様の声

  • 患者様の声
  • 目が合うようになり落ち着きが出てきた
  • 言葉が理解できるようになり、呼びかけにも応じるようになった
  • 出てくる単語が増えて、簡単な会話(言葉のキャッチボール)ができるようになった
  • こだわりがなくなり、お友達とも遊べるようになった

その他の症状治療例はこちら

ページトップへ

その他の症例一覧

脳神経科に関する症状
小児科に関する症状
  • 自閉症患者様の声

    低酸素脳症(脳性まひ)

    脳室周囲白質軟化症(PVL)

    小児てんかん患者様の声

    チック症(どもり・吃音)

    学習障害(LD)/注意欠陥多動性障害(ADHD)

  • 疳虫(かんむし)(夜泣き・奇声・かみつき)

    夜尿症(おねしょ)

    小児ぜんそく

    急性小脳失調症

    ろれつが回りにくい

整形外科に関する症状
  • 腰(ヘルニア・坐骨神経痛・すべり症・脊柱管狭窄症・ぎっくり腰)

    首(頚椎症・ヘルニア・痛み・コリ・しびれ・寝違え)

    肩(こり・五十肩・痛み)

    膝(変形性膝関節症・水たまり)

  • 関節リウマチ(変形・こわばり)

    交通事故後遺症(ムチ打ち)

    その他(痛み・コリ・しびれ)

心療内科・精神科に関する症状
  • 自律神経症状(冷え・動悸・めまい・倦怠感・不安感など)

    統合失調症(精神分裂症)

    うつ・不安

    パニック障害

  • 不眠症・睡眠障害

    無気力

    心身症(自律神経失調症)

耳鼻科に関する症状
婦人科に関する症状
  • 冷え症

    更年期障害

    不妊症患者様の声

  • 子宮内膜症(生理痛・生理不順)

    逆子(骨盤位)

眼科に関する症状
  • 視力障害(近視・遠視・乱視・斜視)

    複視(二重に見える)

  • 緑内障

皮膚科に関する症状
  • アトピー性皮膚炎

    円形脱毛症

  • 帯状疱疹・ヘルペスの後遺症

内科に関する症状
  • 過敏性大腸炎・過敏性胃腸炎(下痢・頻便)

    頭痛・偏頭痛

    糖尿病

    甲状腺機能亢進症・バセドウ

    便秘

  • ぜんそく・気管支炎

    高血圧

    肥満・メタボリックシンドローム

    手術後の痛み

    痛風

泌尿器科に関する症状
  • トイレが近い

  • 尿が出にくい

予約受付中!

ご予約・お問い合わせ

電話06-6345-1000

FAX06-6347-0199

初診料1,000円off。WEB割引はこちら

ページトップへ

  • 初めての方へ
  • メニュー・料金
  • ご来院、施術の流れ
  • 鍼灸・新脳針治療
  • 小児鍼灸治療
  • 接骨・整骨治療
  • 交通事故
  • 診療時間・アクセス
  • 院長・スタッフ紹介
  • よくある質問
  • 予約・問い合わせ
  • 割引チケット
  • 症状別治療例
  • 症状別治療例(新脳針について)
  • 患者様の声
  • サンケイスポーツ新聞に掲載されました

  • 前田中国医学研究院グループ

メディア掲載情報はこちら

  • 掲載雑誌情報
  • 掲載テレビ情報
  • 中国医学交流
  • 堂島針灸接骨院ブログ

    採用情報

  • 取材の受付