症状別治療例(婦人科)

婦人科 治療例 症状一覧

子宮内膜症(生理痛・生理不順)

当院のアプローチ

子宮内膜症や生理痛・生理不順を主訴として来院されるケースは少ないのですが、その他の症状の治療として全身を調整していく中で、改善していくことも多いです。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

婦人科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

子宮内膜症(生理痛・生理不順)の治療例

  • 症状生理不順・肩こり(女性・25歳)

    • 女性・25歳

      症状

      生理不順・肩こり
      5年前から生理が来なくなり、2年前から産婦人科の薬を服用している。

      ▼
      経過内容

      体の調子が全体的によくなっている。
      仕事が忙しく治療に来る間隔があいてしまうと、体がしんどくなるが、治療に来ると楽になる。
      薬をやめて初めて4カ月ぶりに生理がきた。
      先月に続きまたきちんと生理がきた。
      生理周期はまだ安定したとは言えないものの、毎月生理がきている。

      スタッフコメント

      現在も月に1回ペースで継続治療中

  • 症状2年前子宮内膜症と診断(女性・31歳)

    • 女性・31歳

      症状

      2年前子宮内膜症と診断
      卵巣の腫れ・下腹部痛・冷えのぼせ

      ▼
      経過内容

      足が温かくなりのぼせも楽になった。食事も美味しく感じた。
      冷えると生理痛ひどくなるが今月はきつくなく、冷えもあまり感じなかった。
      寒い外でじっとしていても足は温かった。
      服薬して痛みが治まらないという事がなくなった。生理痛も楽になっている。

  • 症状生理不順(3か月に1回)・冷え・首肩コリ・胃痛・気分の落ち込み(女性・28歳)

    • 女性・28歳

      症状

      生理不順(3か月に1回)・冷え・首肩コリ・胃痛・気分の落ち込み

      ▼
      経過内容

      冷えが少しましになっている。首肩のこりがとても楽になっている。
      今までは3か月に1回だった生理が2か月でくる。冷えが気にならなくなり、気分もとても落ち着いている。

▲