症状別治療例(眼科)

眼科 治療例 症状一覧

パーキンソン病・パーキンソン症候群

当院のアプローチ

全身にある目に関連するツボと頭部に針を打ち、刺激を与えます。(新脳針療法)
また、首・肩こりの症状を併せ持つ方が多いので、一緒に治療を行って、硬くなった筋肉をほぐしていきます。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

眼科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

パーキンソン病・パーキンソン症候群の治療例

  • 症状バイク事故にて頭部打撲した後から目のかすみ・焦点が合わない・像が上下にずれる複視(男性・46歳)

    • 男性・46歳

      症状

      複視
      バイク事故にて頭部打撲した後から目のかすみ・焦点が合わない・像が上下にずれる複視と診断。

      ▼
      経過内容

      経過内容:治療数回で、疲れ目がマシになり上下にずれて見えていたものが少し見やすくなる。
      二重にずれて見えていた間隔が少し狭くなってきた。
      首を傾けると、ズレが大きくなっていたのが少しだけズレるだけでまっすぐが普通にみえるようになってきた。
      調子がよい。

  • 症状近視(裸眼で右0.7 左0.4)(男性)

    • 男性

      症状

      近視(裸眼で右0.7 左0.4)

      ▼
      経過内容

      ゲームが好きで、毎日2時間していたのを30分にするようにお願いした。
      黒板の文字が見えやすいときがでてきた。
      学校の視力検査で右1.2 左0.7に回復した。

      スタッフコメント

      ゲームの時間も少なくし、目の体操をするなどの指導にも頑張ってくれました。 このまま、メガネをかけずにいけるようがんばりたい!
      週1回で通院中〜

  • 症状視力障害があり両眼とも0.6しかない(女性・6歳)

    • 女性・6歳

      症状

      視力障害があり両眼とも0.6しかない
      成人病センターでミトコンドリア脳筋症と診断される
      他にも難聴・全身の筋力が弱いなどの症状がある

      ▼
      経過内容

      今まで興味を示さなかった絵本やビデオを見るようになった。
      運動会の練習で「まっすぐ走れるようになった」と学校の先生に言われた。
      人の話をよく聞けるようになり、集中力も増している。活発に行動するようになってきた。
      視力が裸眼で1.0に回復。体力もついて学校を休むことなく通学できている。また、数字や文字を書くのも上手になってきた。

  • 症状乱視・近視「左:0.02 右:0.05」(女性・19歳)

    • 女性・19歳

      症状

      乱視・近視「左:0.02 右:0.05」
      航空自衛隊の入隊試験があるので、裸眼でそれぞれ0.1以上必要とのこと。

      ▼
      経過内容

      「左:0.05 右:0.07」に回復。
      物が見えやすくなったように感じる。
      「左:0.08 右:0.09」に回復

      スタッフコメント

      その後「航空自衛隊の試験に無事合格できた」と感謝の報告をいただく。

  • 症状裸眼で「右:0.04 左:0.07」(男性・18歳)

    • 男性・18歳

      症状

      裸眼で「右:0.04 左:0.07」
      自衛隊の入隊試験で3か月以内に裸眼でそれぞれ0.1まで回復したいとのこと。

      ▼
      経過内容

      メガネなしで、毎日過ごすように指導する。
      駅の時刻表がぼんやり見えるようになってくる。
      メガネ屋さんで視力測定をした結果「右0.07 左0.09」に向上している。

      スタッフコメント

      その後30回まで治療を継続し、後日「無事試験に合格した」と喜びのお電話をいただく。

  • 症状近視・乱視(女性・3歳)

    • 女性・3歳

      症状

      近視・乱視

      ▼
      経過内容

      「遠くのものも見えている感じがある」とお母様。
      視力検査で「左0.4 右0.4」→「左0.8 右0.6に」回復。

  • 症状左の視野欠損・左目にフラッシュをたいたような白く光る残像があり、ものが見えにくい(女性・37歳)

    • 女性・37歳

      症状

      左の視野欠損・左目にフラッシュをたいたような白く光る残像があり、ものが見えにくい

      ▼
      経過内容

      視野の白い部分が減った。
      ピントが合わなかった部分が見えるようになってきた。
      治療後、白く光る部分がなくなるようになった。
      全体的に良くなってきている。
      左目1/4が白く光って見えにくかったがそれがずいぶん小さくなってくる。ピントも楽に合うようになる。
      黒い影もなくなり、良く見えるようになった。。

▲