症状別治療例(耳鼻科)

耳鼻科 治療例 症状一覧

難聴・耳鳴り(頭鳴り)・メニエール病・花粉症(アレルギー性鼻炎)

当院のアプローチ

高血圧や首肩のコリ、心身の疲労等の原因を取り除くことで改善させます。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

耳鼻科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

難聴の治療例

  • 症状左耳難聴・右足首のつっぱり感と痛み(男性・51歳)

    • 男性・51歳

      症状

      左耳難聴・右足首のつっぱり感と痛み

      ▼
      経過内容

      左耳難聴・右足首のつっぱり感と痛み
      社の聴力検査で指摘され、再検査までに聴力の数値に改善がみられなければ仕事に影響がでる・・ということで通院を開始。
      針灸・新脳針療法と接骨科治療、鼓膜マッサージを受診。

      スタッフコメント

      体が楽になっているが耳の症状に変化はない。
      テレビの音量が小さくても聞こえるようになっている。
      テレビの音量を15→10にしても聞こえる。
      「仕事で2〜3時間しか寝ていないけれど、体がとても楽です」と言っていただける。
      会社の再検査まであと3日。自宅の近くの耳鼻科で検査をしてもらったら以前より聴力が改善していることが判明。(初診より約1か月)

  • 症状美容の為、顔面のシワ取り手術をしてから右耳鳴り・耳閉感・難聴(女性・44歳)

    • 女性・44歳

      症状

      美容の為、顔面のシワ取り手術をしてから右耳鳴り・耳閉感・難聴
      睡眠も薬を服用しないと出来ない

      ▼
      経過内容

      耳鳴り少し小さくなった。
      耳鳴りの気にならない時間が出てきた。
      耳鳴りがある事すら忘れる程小さくなった。
      いつも車内ではエンジン音とラジオの音がないと耳鳴りが気になり大きくなるが、両方止めていても車内で待つ事が出来た。
      他の音が鳴っていれば耳鳴り聞こえない。夜もラジオをかけて寝るが、ボリュームも5→3へ。夜中起きてもすぐ寝入る事が出来る。
      耳閉感なくなった。就寝時のラジオの音も3では大きく感じる程になった。
      聴力検査で数値はわからないが、グラフの位置が以前よりだいぶ上に上がっていた。

  • 症状右耳は40年前から鳴っており、音は少し聞こえる(男性・69歳)

    • 男性・69歳

      症状

      右耳は40年前から鳴っており、音は少し聞こえる
      左耳は3年前に突発性難聴、回復後すぐに同症状再発
      声が割れて聞こえる・耳鳴り・難聴(L<R)補聴器使用

      ▼
      経過内容

      首肩凝り楽になった。
      声の割れ方がだいぶマシになり、聞こえも良い。(10→5)
      声の割れ方&聞こえは更に良くなった。(4くらい)
      調子良く、TVの音が聞こえ易くなった。(3くらい)
      症状は日によって波があったが、最近は調子の良い日が多くなってきた。 1週間調子良く首肩凝りも楽。(2くらい)

  • 症状右耳突発性難聴と診断(男性・50歳)

    • 男性・50歳

      症状

      右耳突発性難聴と診断

      ▼
      経過内容

      難聴に伴い耳鳴りもあったが少し減少。
      耳鳴り半分減少 聞こえも半分回復
      漢方薬も併用開始
      悪化することなく除々に回復し、現在も治療継続中。

  • 症状小学生の頃から右耳の聞こえが悪く、左耳は全く聞こえない状態(男性・60歳)

    • 男性・60歳

      症状

      小学生の頃から右耳の聞こえが悪く、左耳は全く聞こえない状態
      ここ数年で右耳の状態が更に悪くなり補聴器は外せない

      ▼
      経過内容

      治療後の朝は補聴器外していても扇風機の音が微かに聞こえた。
      補聴器なしでも扇風機の音がはっきりと聞こえた。
      低い音も聞こえる様になった。
      会話が出来る様になった。(自覚症状は以前より7割回復)

  • 症状感音性難聴・小児ぜんそく(男性・10歳)

    • 男性・10歳

      症状

      感音性難聴・小児ぜんそく

      ▼
      経過内容

      毎年季節によってぜんそく発作が出て大変だったが、今年は大丈夫。

      スタッフコメント

      難聴も90デシベル→60デシベルまで改善している。

  • 症状難聴・アレルギー性鼻炎(男性・7歳)

    • 男性・7歳

      症状

      難聴・アレルギー性鼻炎

      ▼
      経過内容

      鼻が急に通るようになり、言葉の聞き取りも良くなる。はっきり話せるようになる。
      耳鼻科の担当の医師に「鼻の通りがよくなり、鼓膜の振動が改善している」と言われる。風邪をひくと鼻や耳の症状が悪化するが、新脳針を受診すると改善する。
      聴力も75デシベル→45デシベルになる。

      スタッフコメント

      その後も週に1回ペースで通院されています。

  • 症状突発性難聴・めまい・吐き気・耳鳴り(男性・31歳)

    • 男性・31歳

      症状

      突発性難聴・めまい・吐き気・耳鳴り
      2週間ほど前に、朝目覚めるとめまい・吐き気・左耳鳴りがして起き上がることができず、即入院。ステロイド点滴を1週間受診するも、左耳の聴力はほとんど無く、耳鳴りも大きく、その後5日間の高気圧酸素療法を受診するがこちらも効果なし・・という状態で来院。

      ▼
      経過内容

      聴力が回復し始める。耳鳴りも低下しているとのこと。
      女性の声は聞き取りづらいが、他は聞こえるように。耳鳴りの「サーッ」という音が気にかけると聞こえる程度に。

      スタッフコメント

      以降、疲労によって、耳鳴りが大きくなる日もあるようですが、聴力は安定しているとのことです。

  • 症状2か月前から難聴・耳鳴り(女性・47歳)

    • 女性・47歳

      症状

      2か月前から難聴・耳鳴り
      病院でのステロイド点滴の治療にて耳鳴りが10→7になったが、聴力には変化がない状態で来院。

      ▼
      経過内容

      耳鳴りが止まる時間が出てくる。
      聴力検査で聴力が回復していると言われる。
      夕方から夜間にかけて小さな耳鳴りが出るが、朝は止まっている。
      最初の症状が10→2に軽減。ほとんど気にならない程度の耳鳴りが週に1回ペースで起こる程度になる。

  • 症状慢性中耳炎・耳鳴り・難聴・めまい(女性・83歳)

    • 女性・83歳

      症状

      慢性中耳炎・耳鳴り・難聴・めまい

      ▼
      経過内容

      耳鳴りが消失する。
      めまいがかなり改善する。
      めまいがなくなり、聞こえも良くなる。

  • 症状周りの子に比べて言葉が遅れている・中度の難聴と診断(女性・4歳)

    • 女性・4歳

      症状

      周りの子に比べて言葉が遅れている・中度の難聴と診断

      ▼
      経過内容

      歌はあまり歌えなかったが、治療中に音楽を聴きながらよく歌えるようになる。
      まわりの人から「聞こえがよくなっているね」と言われる。
      病院の聴力検査で「昨年に比べてだいぶ良くなっている」と言われる。
      言語の検査でも「発音が良くなっている」と言われる。

  • 症状難聴(高音)・聴覚過敏・耳鳴り(4か月前から突然)(女性・38歳)

    • 女性・38歳

      症状

      難聴(高音)・聴覚過敏・耳鳴り(4か月前から突然)

      ▼
      経過内容

      耳鳴りが小さくなってくる。
      聴力検査の結果4000Hzが70→60デシベル、8000Hzが70→30デシベルになっている。(正常よりやや悪いていど) 骨伝導もよく聞こえるようになっていて、病院の担当の医師が驚く。 人ごみなどのうるさい場所では聴覚過敏が特にきつく感じていたが、以前より気にならなくなっている。

      スタッフコメント

      全体的に症状が改善して喜んでいただきました。

  • 症状5年前から難聴(耳閉感)・左右の耳鳴り(男性・69歳)

    • 男性・69歳

      症状

      5年前から難聴(耳閉感)・左右の耳鳴り

      ▼
      経過内容

      テレビの音がよく聞こえるようになる。(音量が20で聞こえにくかったのが、19でもはっきり聞こえる)
      耳鳴りがほとんどなくなる。
      左耳の耳鳴り・難聴・耳閉感がなくなる。右は3割残っている。
      聴力がアップしてテレビの音量が15でも聞き取れるようになる。右耳の耳鳴りがかすかに残る。
      右耳の耳鳴りが気にならない程度になったので、治療を終了する。

耳鳴り(頭鳴り)の治療例

  • 症状20年前に左耳を叩いた時から高音域の低下・静かなところでピー音の耳鳴りあり(男性・40歳)

    • 男性・40歳

      症状

      20年前に左耳を叩いた時から高音域の低下・静かなところでピー音の耳鳴りあり。会社の聴力検査の試験があり、来院。

      ▼
      経過内容

      初めての治療後体全体がすっきりし、治療ごとに体の調子がよくなってくる。
      眼鏡屋で聴力検査をしてもらったら、すべてはっきり聞こえた!
      治療開始後約1年で会社の聴力検査にも無事パスできた。

  • 症状半年前交通事故に遭い、首・肩・背中・腰に痛み(男性・21歳)

    • 男性・21歳

      症状

      半年前交通事故に遭い、首・肩・背中・腰に痛み
      左耳鳴り「キーン」

      ▼
      経過内容

      治療を始めてから体すごく楽になっている。
      首の痛みとても楽になっている。
      味覚や嗅覚が段々戻ってきた。耳鳴りも少し小さく感じる。
      アルバイト中も動作によっては出ていた首の痛みが出なくなってきた。
      体調の悪い時でも耳鳴り小さく感じ、うるさいと思う時がなくなった。
      初診時の耳鳴りを10とすると、現在3〜2くらいになっている。
      耳鳴り1くらい。大きくなっても3くらいで、普段鳴ってない程でわからない。

  • 症状美容の為、顔面のシワ取り手術をしてから右耳鳴り・耳閉感・難聴(女性・44歳)

    • 女性・44歳

      症状

      美容の為、顔面のシワ取り手術をしてから右耳鳴り・耳閉感・難聴
      睡眠も薬を服用しないと出来ない

      ▼
      経過内容

      耳鳴り少し小さくなった。
      耳鳴りの気にならない時間が出てきた。
      耳鳴りがある事すら忘れる程小さくなった。
      右耳聴力が10dB上がっていた。自覚的にも少し聞き取り易くなった。
      いつも車内ではエンジン音とラジオの音がないと耳鳴りが気になり大きくなるが、両方止めていても車内で待つ事が出来た。
      耳閉感なくなった。就寝時のラジオの音も3では大きく感じる程になった。
      聴力検査で数値はわからないが、グラフの位置が以前よりだいぶ上に上がっていた。

  • 症状3年前より難聴(男性・69歳)

    • 男性・69歳

      症状

      3年前より難聴
      3ヵ月前に妻の介護疲れからか耳鳴り『キーン』『ピー』
      病院で耳鳴りと診断

      ▼
      経過内容

      耳鳴り1日中あったのが少し軽減した。
      朝起床後の耳鳴りが大きく感じる。
      起床後1時間後には耳鳴り半減。それ程気にならなくなる。
      中腰の姿勢で腰痛発生。午後に耳鳴りも大きく感じる。
      腰痛軽減し、起床時の耳鳴りも短時間になってきた。
      起床時の耳鳴りが気になる時もあるが、楽になってきた。
      気になる時間も少なくなった。

  • 症状右耳は40年前から鳴っており、音は少し聞こえる(男性・69歳)

    • 男性・69歳

      症状

      右耳は40年前から鳴っており、音は少し聞こえる
      左耳は3年前に突発性難聴、回復後すぐに同症状再発
      声が割れて聞こえる・耳鳴り・難聴(L<R)補聴器使用

      ▼
      経過内容

      首肩凝り楽になった。
      声の割れ方がだいぶマシになり、聞こえも良い。(10→5)
      声の割れ方&聞こえは更に良くなった。(4くらい)
      調子良く、TVの音が聞こえ易くなった。(3くらい)
      症状は日によって波があったが、最近は調子の良い日が多くなってきた。 1週間調子良く首肩凝りも楽。(2くらい)

  • 症状病院で耳管開放症・顎関節症と診断(男性・44歳)

    • 男性・44歳

      症状

      約4前くらいから『シャー』という左耳鳴り 
      3ヵ月前から耳閉感や高音が響く・両耳と頬の張り
      病院で耳管開放症・顎関節症と診断

      ▼
      経過内容

      治療中は耳閉感・耳鳴り共に気にならない。眠る時音が気になっていたが最近は良く眠れる。
      耳閉感いつもより少ない。
      朝起床時耳鳴り30分程止まっていた。頬の張りも以前程強くなく良くなっている。
      右耳閉感ほとんどなくなり、左耳閉感も減っている。
      以前は耳鳴りの音一定だったが、半分くらいになったりと音の大きさに波が出てきた。
      両耳の耳閉感ほとんど消失。
      両頬張り・耳閉感気にならない。耳鳴りも小さくなり、日中も気にしていない。

  • 症状3ヵ月前から『ミーン』という耳鳴り(起床時のみ)(女性・58歳)

    • 女性・58歳

      症状

      3ヵ月前から『ミーン』という耳鳴り(起床時のみ)
      病院で肩凝りからくる耳鳴りと診断

      ▼
      経過内容

      首肩凝り以前より楽になり耳鳴りも調子良かったが、睡眠不足で増悪する。
      肩凝りは違和感程度、耳鳴りも隔日で出るくらいになった。音も探して鳴っていたと気が付く程度。
      約1週間耳鳴りを感じなかった。
      症状の波はあるが、数日鳴らない日もある。

      スタッフコメント

      疲労や冷えによって症状が再発します。 どんな症状も同じですが、自らの努力と定期的な治療が大切です。

  • 症状耳鳴り・頭鳴り・食欲不振・不眠症(女性・47歳)

    • 女性・47歳

      症状

      耳鳴り・頭鳴り・食欲不振・不眠症

      ▼
      経過内容

      何となく耳鳴り低くなっている気がするが、夜はなかなか眠れない。
      今まで薬服用しても眠れなかったが、少し眠れるようになってきた。
      食欲が出てきてとても気分が良くなった。行動範囲も増えた為、耳鳴りも忘れる時間が増えてきた。

  • 症状1年前から耳鳴り・3年前から難聴(男性・77歳)

    • 男性・77歳

      症状

      1年前から耳鳴り・3年前から難聴

      ▼
      経過内容

      耳鳴りが片方ずつになる。
      耳鳴りが少し小さくなってくる。
      耳鳴りはほとんど改善していて10→2.5に。

  • 症状耳鳴り・高血圧・自分が何をしているかわからない・頭の中がつながらない(女性・88歳)

    • 女性・88歳

      症状

      耳鳴り・高血圧・自分が何をしているかわからない・頭の中がつながらない
      病院でX線とCTの検査をしても異常なしと言われて来院。

      ▼
      経過内容

      頭が少し良くなっているとご家族から言われる。
      耳鳴りはほぼ消失。
      頭の中が繋がったと感じる。
      表情が良くなり、本人も「もう大丈夫」と感じるようになる。

  • 症状5年前から耳鳴り・不眠・首肩のこり・目の疲れ・視力低下(女性・58歳)

    • 女性・58歳

      症状

      5年前から耳鳴り・不眠・首肩のこり・目の疲れ・視力低下
      突発性難聴の後遺症で来院。

      ▼
      経過内容

      目の疲れがとても楽になる。
      耳鳴りはしているが気にならなくなっている。
      睡眠もよくとれている。

      スタッフコメント

      「新脳針治療を受診したあとは、体中がぽかぽかして気持ちが良い。家事や仕事で少し体に無理がかかっても、以前のようにしんどくない。」と喜んでいただきました。

  • 症状2か月前から耳鳴り・難聴(女性・47歳)

    • 女性・47歳

      症状

      2か月前から耳鳴り・難聴
      病院でのステロイド点滴の治療にて耳鳴りが10→7になったが、聴力には変化がない状態で来院。

      ▼
      経過内容

      耳鳴りが止まる時間が出てくる。
      聴力検査で聴力が回復していると言われる。
      夕方から夜間にかけて小さな耳鳴りが出るが、朝は止まっている。
      最初の症状が10→2に軽減。ほとんど気にならない程度の耳鳴りが週に1回ペースで起こる程度になる。

  • 症状慢性中耳炎・耳鳴り・難聴・めまい(女性・83歳)

    • 女性・83歳

      症状

      慢性中耳炎・耳鳴り・難聴・めまい

      ▼
      経過内容

      耳鳴りが消失する。
      めまいがかなり改善する。
      めまいがなくなり、聞こえも良くなる。

  • 症状耳鳴り(4か月前から突然)・難聴(高音)・聴覚過敏(女性・38歳)

    • 女性・38歳

      症状

      耳鳴り(4か月前から突然)・難聴(高音)・聴覚過敏

      ▼
      経過内容

      耳鳴りが小さくなってくる。
      聴力検査の結果4000Hzが70→60デシベル、8000Hzが70→30デシベルになっている。(正常よりやや悪いていど) 骨伝導もよく聞こえるようになっていて、病院の担当の医師が驚く。
      人ごみなどのうるさい場所では聴覚過敏が特にきつく感じていたが、以前より気にならなくなっている。

      スタッフコメント

      全体的に症状が改善して喜んでいただきました。

  • 症状5年前から左右の耳鳴り・難聴(耳閉感)(男性・69歳)

    • 男性・69歳

      症状

      5年前から左右の耳鳴り・難聴(耳閉感)

      ▼
      経過内容

      テレビの音がよく聞こえるようになる。(音量が20で聞こえにくかったのが、19でもはっきり聞こえる)
      耳鳴りがほとんどなくなる。
      左耳の耳鳴り・難聴・耳閉感がなくなる。右は3割残っている。
      聴力がアップしてテレビの音量が15でも聞き取れるようになる。右耳の耳鳴りがかすかに残る。
      右耳の耳鳴りが気にならない程度になったので、治療を終了する。

メニエール病の治療例

  • 症状めまい、ふらつき、不眠(女性・31歳)

    • 女性・31歳

      症状

      めまい、ふらつき、不眠

      ▼
      経過内容

      治療を始めてから、ふらつき出ていない。だがまだ出そうな予兆はある。
      ふらつき出ていない。出そうな予兆も減少してきている。
      夜中にふらつき感で目覚める事がなくなった。
      全くふらつきとめまいが出なくなった。

  • 症状約1年前メニエール病と診断され、現在めまいはなくなったが左耳鳴りが残っている(女性・55歳)

    • 女性・55歳

      症状

      約1年前メニエール病と診断され、現在めまいはなくなったが左耳鳴りが残っている。夕方になると増悪する。

      ▼
      経過内容

      首肩の凝り楽になり、耳鳴りも気にならない時間が多くなった。『ザー』という音も少し低くなった。
      夜も眠れているし落ち着きが出ている。音も小さくなった。
      午前中は鳴っておらず、仕事で疲れると鳴る。

  • 症状めまいとふらつき(女性・34歳)

    • 女性・34歳

      症状

      めまいとふらつき

      ▼
      経過内容

      めまいとふらつき少し楽な日があった。
      ふらつき楽になった。
      頭重い感じあったが、買い物行けました。

  • 症状1ヵ月前からふわふわする感じが出てきてその後仕事を休む程悪化(女性・27歳)

    • 女性・27歳

      症状

      1ヵ月前からふわふわする感じが出てきてその後仕事を休む程悪化
      病院でメニエールと診断

      ▼
      経過内容

      前回治療後から調子良く、耳の違和感やふわふわ感も少ない。
      朝起床時から体が楽で嬉しかった。
      ふわふわ感は車やエレベーター等小さな空間に入ると出る程度になった。
      仕事中少し症状出る時もあるが仕事復帰出来た。

  • 症状16年前からメニエール病、突発性難聴(女性・38歳)

    • 女性・38歳

      症状

      16年前からメニエール病、突発性難聴
      左耳全く聞こえず常に耳鳴りあり
      めまいはふわふわし、よく転ぶ

      ▼
      経過内容

      耳鳴り感じない時間が増え、音も今までにないくらい小さくなる時あり
      耳鳴りほぼ鳴っていない。めまいも出てすぐ治まる。
      治療を始めてから「え!?」と聞き返す事が少なく感じる。
      初診時の状態を10とすると、めまい10→2〜3 耳鳴り10→1〜2 耳周囲の耳閉感が取れた事により聞こえ易く感じる。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療例

  • 症状くしゃみ、鼻水、目の痒み、鼻づまり、鼻づまりによる集中力の低下・不眠(女性・65歳)

    • 女性・65歳

      症状

      くしゃみ、鼻水、目の痒み、鼻づまり、鼻づまりによる集中力の低下・不眠

      ▼
      経過内容

      鼻づまりがいくらか楽になり呼吸がしやすくなってきた。
      眼の痒みも減少し物が見やすくなってきた。
      鼻が通り良くなり、ぐっすり寝れる様になった。集中力が出てきた。

  • 症状20年前から花粉症になっており、春になると薬を飲み続けなければ生活できない状態(女性・68歳)

    • 女性・68歳

      症状

      20年前から花粉症になっており、春になると薬を飲み続けなければ生活できない状態。

      ▼
      経過内容

      いつもだったら薬を飲みたくなる3月頃になったが、全くその気配がない。
      4月に入ったけれど薬無しで大丈夫。くしゃみや目のかゆみなどの症状も全くない。

  • 症状難聴・アレルギー性鼻炎(男性・7歳)

    • 男性・7歳

      症状

      難聴・アレルギー性鼻炎

      ▼
      経過内容

      鼻が急に通るようになり、言葉の聞き取りも良くなる。はっきり話せるようになる。
      耳鼻科の担当の医師に「鼻の通りがよくなり、鼓膜の振動が改善している」と言われる。風邪をひくと鼻や耳の症状が悪化するが、新脳針を受診すると改善する。
      聴力も75デシベル→45デシベルになる。

      スタッフコメント

      その後も週に1回ペースで通院されています。

▲