症状別治療例(内科)

内科 治療例 症状一覧

甲状腺機能亢進症・バセドウ

当院のアプローチ

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

内科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

甲状腺機能亢進症・バセドウの治療例

  • 症状甲状腺機能亢進症・右肩の痛み・右手の人差し指と親指のシビレ(女性・56歳)

    • 女性・56歳

      症状

      甲状腺機能亢進症・右肩の痛み・右手の人差し指と親指のシビレ

      ▼
      経過内容

      夜間の痛みがなく、よく眠れるようになる。
      甲状腺機能の検査で、数値が正常になっているとのこと。
      肩周辺の痛みが軽減し、指のシビレも軽減している。
      日常生活での痛みはほぼ感じない。甲状腺機能も良好。

  • 症状バセドウ氏病・うつ・神経不安・体がだるい・無気力(男性・40歳)

    • 男性・40歳

      症状

      バセドウ氏病・うつ・神経不安・体がだるい・無気力

      ▼
      経過内容

      気分が少しずつ楽になり、仕事も少しずつできるようになる。
      病院の検査で「ホルモンバランスが良くなっている」と言われる。
      周りの人達に「顔つきが変わった」と言われる。
      仕事に復帰できる。
      ホルモンバランスがもう少しで正常値になるまで改善。

▲