症状別治療例(内科)

内科 治療例 症状一覧

過敏性大腸炎・過敏性胃腸炎(下痢・頻便)

当院のアプローチ

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

内科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

過敏性大腸炎・過敏性胃腸炎(下痢・頻便)の治療例

  • 症状胃腸の痛み・下痢しやすい・首肩のこり・子宮の痛み・眼圧が高い(女性・35歳)

    • 女性・35歳

      症状

      胃腸の痛み・下痢しやすい・首肩のこり・子宮の痛み・眼圧が高い

      ▼
      経過内容

      胃腸の調子がよくなり、便が固まってきた。
      胃の調子も良く食事が美味しく食べられるようになる。便も固まっている。
      夏場は暑すぎて食欲が無いが、便は普通に出ている。
      疲れたり長時間立っていると調子が悪くなる。
      刺し込むような胃の痛みがなくなり、じわーっと痛む感じになっている。
      眼圧22→16に下がっている。病院の担当の医師もびっくりしているとのこと。
      子宮の痛みが全くない。首肩のこりはあるものの胃腸の調子は良好。

      スタッフコメント

      調子が悪い時は、自宅でもお灸をされて調子を整えておられます。

  • 症状過敏性腸症候群(男性・28歳)

    • 男性・28歳

      症状

      過敏性腸症候群
      頻尿もあり、トイレに行く回数が多かった。

      ▼
      経過内容

      尿は2時間まで我慢できるようになる。
      便に行く回数が減り、1日に3回程度になる。
      ここ数年で一番調子が良く、ほとんど問題がなくなる。

▲