症状別治療例(脳・神経内科)

脳・神経内科治療例 症状一覧

てんかん

当院のアプローチ

体や脳への血流を改善し、発作の規模を小さくしたり、発作の回数を減らしたりすることができます。極度の緊張による発作も防ぐ為、日常生活の疲労を取り除き、気分を落ち着かせます。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

脳・神経内科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

てんかんの治療例

  • 症状睡眠不足、アルコール、月経がきっかけで発作が出る事が多い(女性・34歳)

    • 女性・34歳

      症状

      3年前に流産をし、その後発作が出現する様になった。年に2〜3回のペースで発作がある。
      睡眠不足、アルコール、月経がきっかけで発作が出る事が多い。

      ▼
      経過内容

      いつも寝起きが悪いが目覚め良く起きる事が出来た。
      身体が楽になり軽くなった。
      年に3回あった発作が2回になった。
      半年間発作が出ずに過ごせている。
      8ヵ月間発作が出ずに過ごせている。

      スタッフコメント

      現在も継続治療中です。 明るくなられました。

  • 症状小学生の時から発作あり、現在年に1回あるかないかのペースで発作がある(男性・27歳)

    • 男性・27歳

      症状

      小学生の時から発作あり、現在年に1回あるかないかのペースで発作がある。
      脳波には異常なし

      ▼
      経過内容

      眼精疲労が楽になった。
      治療後は疲労がとれるようです。
      首や肩の凝り調子良い。以前よりパソコン触る時間は増えているが、発作や前兆は全くない。
      丸2年間、発作はありません。

      スタッフコメント

      いろいろな面で不安でしたが、今はお気持ちも落ち着いておられます。 現在は3カ月に1回くらいのペースで通院中です。

  • 症状6年前脳炎にて発症(男性・25歳)

    • 男性・25歳

      症状

      6年前脳炎にて発症
      現在3ヶ月に1回のペースで発作あり

      ▼
      経過内容

      以前までは体の不調による前兆→発作(意識なし)という感じだったが、今は驚く出来事で発作(意識あり)が起きる程度になった。
      家族から顔つきが変わったねと言われ、しゃべり方も病気になる以前と同じ様になったと言われた。
      大きく驚いた際の発作はあるものの、発作後の疲れはひどくでなくなった。

  • 症状てんかん(脳波検査でてんかん波陽性・発作はない)(男性・20歳)

    • 男性・20歳

      症状

      てんかん(脳波検査でてんかん波陽性・発作はない)

      ▼
      経過内容

      針治療をしてから初めての病院での検査の結果により、薬の量が減った。
      波の検査で異常波がほとんどなくなってきた。薬もさらに減った。
      脳波の異常が完全に無くなる。驚いた!
      入眠時の異常が1か所のみ。
      脳波検査で正常範囲以内になった。

      スタッフコメント

      その後1年間体調も良く、薬の服用も無く、脳波も正常範囲でおさまっている。

▲