症状別治療例(整形外科)

整形外科 治療例 症状一覧

肩(こり・五十肩・痛み)

当院のアプローチ

首、腕、背中など周囲の筋肉が緊張して感じる痛みや、肩関節での炎症を、血流の改善や筋肉に柔軟性を出す治療を行うことで、緩和させていきます。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

整形外科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

肩(こり・五十肩・痛み)の治療例

  • 症状頚〜肩甲間部にかけての凝り、寝ても疲れがとれない(女性・57歳)

    • 女性・57歳

      症状

      頚〜肩甲間部にかけての凝り、寝ても疲れがとれない

      ▼
      経過内容

      前回治療後、頚〜肩甲間部の凝りが軽減し体がポカポカした。
      大分、頚〜肩甲間部の凝りがほぐれてきた。
      夜もぐっすり寝られる様になってきた。
      周囲の人に顔が明るくなったと言われた。
      体が軽くなり駅の階段も速く上がれる様になった。
      頚〜肩甲間部の凝りがさほど感じなくなってきた。

      スタッフコメント

      現在週一回のペースで通院中

  • 症状右肩の痛み(男性・44歳)

    • 男性・44歳

      症状

      右肩の痛み
      右肩が何もしていなくても痛む・右肩の前の部分を押さえると激しい痛みを伴うという状態で来院。接骨科でアイシング(冷やす)や低周波・マッサージによる治療開始。

      ▼
      経過内容

      何もしなくても痛みがあったが、軽減する。
      何もしない状態での痛みが消失する。右肩の前の部分を押さえた時にあった激しい痛みが軽減する。
      腕を回すことができるまで回復。

  • 症状左肩と左首のハリと痛み(男性・44歳)

    • 男性・44歳

      症状

      左肩と左首のハリと痛み

      ▼
      経過内容

      夜はとてもしんどかったが、次の日の朝はとても楽になったとのこと。
      肩と首の痛みはずいぶん軽減されたが、少し違和感が残る。
      肩と首がやわらかくなり、痛みもほぼ消失。
      肩と首がやわらかくなり、痛みもほぼ消失。

  • 症状右肩の痛み・右手の人差し指と親指のシビレ・甲状腺機能亢進症(女性・56歳)

    • 女性・56歳

      症状

      右肩の痛み・右手の人差し指と親指のシビレ・甲状腺機能亢進症

      ▼
      経過内容

      夜間の痛みがなく、よく眠れるようになる。
      甲状腺機能の検査で、数値が正常になっているとのこと。
      肩周辺の痛みが軽減し、指のシビレも軽減している。
      日常生活での痛みはほぼ感じない。甲状腺機能も良好。

  • 症状左五十肩・更年期障害(ほてり)(女性・56歳)

    • 女性・56歳

      症状

      左五十肩・更年期障害(ほてり)

      ▼
      経過内容

      顔のほてりが改善する。
      顔の汗があまり出ないようになる。肩の夜間の痛みが軽減する。
      ほてる感じがほぼ消失。左肩が動き始めて、腕を挙げるのが楽になる。
      少し痛みは感じるものの、肩の動きはほぼ正常になる。

  • 症状首肩こり・足の冷え・眼精疲労・不眠(女性・52歳)

    • 女性・52歳

      症状

      首肩こり・足の冷え・眼精疲労・不眠

      ▼
      経過内容

      首肩こりが軽減する。眠りに変化はない。
      足もとの冷えが少し改善する。短いが眠気がある。
      睡眠薬を飲んでもねむれなかったが、薬を飲めば5〜6時間は眠れるようになる。
      薬を飲まなくても少しずつ眠れるようになる。
      眼精疲労も楽になる。
      薬を飲まなくても3〜4時間は眠れるようになり、涙目・ドライアイも解消する。

▲