症状別治療例(整形外科)

整形外科 治療例 症状一覧

その他(痛み・コリ・しびれ)

当院のアプローチ

筋肉が硬くなることでコリができて、血流障害が生じます。そうするとそこから痛みが出はじめます。し びれは神経の圧迫によって出てくる症状です。これらは筋肉をゆるめることによって改善していきます。急性期の炎症時には冷やし、慢性期に は温めるとよいでしょう。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

整形外科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

その他(痛み・コリ・しびれ)の治療例

  • 症状顎関節症(口を開けたり閉じたりすると左顎関節が痛む)(男性・76歳)

    • 男性・76歳

      症状

      顎関節症(口を開けたり閉じたりすると左顎関節が痛む)
      去年6月頃から発症し、固いものを噛んだ時に痛めた。それ以来痛みが続いている。

      ▼
      経過内容

      食事中も常に痛かったが徐々に痛みが緩和してきた。
      左顎関節がまだギリギリと鳴りますが、とても食事がしやすくなる。
      かなり調子が良いので、また旅行にでも行って美味しい物を食べたいという気分になってきた。
      顎の痛みもほとんど出ないし、身体全体が楽になってきて元気になりました。

      スタッフコメント

      現在も継続通院中。

  • 症状右手中指のしびれと痛み・右足外側のしびれ(女性・68歳)

    • 女性・68歳

      症状

      右手中指のしびれと痛み・右足外側のしびれ

      ▼
      経過内容

      右手の動きがとてもスムーズになり、「嬉しいです」とご本人。
      右足のしびれがほとんどなくなり、違和感がなくなってくる。
      右手・右足・右のくるぶしのしびれや違和感がほぼ消失し、気にならない程度に回復する。

  • 症状左半身のしびれ(首〜足首まで)・首と肩のこり(男性・42歳)

    • 男性・42歳

      症状

      左半身のしびれ(首〜足首まで)・首と肩のこり
      3か月前から発症し夕方になると悪化する。

      ▼
      経過内容

      いつもより調子が良い。
      しびれがだいぶん軽減している。
      しびれはほぼ消失したが、アルコールを飲む機会が多くて胃腸が疲れる。
      胃腸の調子も改善しており、睡眠薬を飲まずに眠れるようになっている。

  • 症状左薬指・小指のしびれ(男性・29歳)

    • 男性・29歳

      症状

      左薬指・小指のしびれ
      インターネットカフェで、窮屈な姿勢で寝てしまい、朝起きたら指がしびれていて来院される。保険診療の接骨科で治療を開始し、マイクロ波による温熱療法・低周波・牽引の治療を行う。

      ▼
      経過内容

      症状に変化は表れず。
      しびれが半減し、ギターを弾けるようにもなる。

      スタッフコメント

      現在も継続治療中。

  • 症状首を前に曲げると背中への痛みあり・めまい (男性・43歳)

    • 男性・43歳

      症状

      2週間前から熱感あり
      首を前に曲げると背中への痛みあり・めまい

      ▼
      経過内容

      首を回した時や前に曲げた時の痛み減少。
      ほとんど痛みとれた。
      痛み消失。

  • 症状年末から右腕が痛み出す(女性・65歳)

    • 女性・65歳

      症状

      年末から右腕が痛み出す

      ▼
      経過内容

      背中が楽になったが、バイクで来院時痛みが出てきた。(ペインスケール10→7〜6)
      痛みの出ない姿勢が出てきた。(ペインスケール7→5)
      バイクに乗っても腕の痛み出ななくなった。

  • 症状仕事でパソコンを使う為か1ヵ月前から痛み出す(女性・38歳)

    • 女性・38歳

      症状

      仕事でパソコンを使う為か1ヵ月前から痛み出す
      曲げると伸ばせなくなる

      ▼
      経過内容

      肘を曲げても痛まなくなった。(ペインスケール10→5)
      肘を伸ばした時つっぱる程度になった。
      経過良好の為治療終了

  • 症状右足関節(足首)捻挫(女性・36歳)

    • 女性・36歳

      症状

      右足関節(足首)捻挫
      朝に自宅の階段を踏み外して負傷する。熱感と腫れがみられ、歩行時に痛みがあるという状態で来院。接骨科の治療を開始する。

      ▼
      経過内容

      施術後テーピングで固定し、日常生活やアイシング(冷やす)法を指導。
      歩行時の痛みがずいぶん軽減される。スムーズに歩行できるようになる。

  • 症状右足関節(足首)捻挫・膝の刺すような痛み(男性・42歳)

    • 男性・42歳

      症状

      右足関節(足首)捻挫・膝の刺すような痛み
      負傷から1週間後に来院。熱感や腫れはみられない状態。接骨科での低周波や超音波・マッサージ・テーピングによる治療を開始。

      ▼
      経過内容

      右の膝の痛みが軽減。右足関節(足首)は歩行時に痛みが残る。
      膝の痛みは完治する。右足関節の痛みも少しずつましになっている。
      右足関節の痛みはほぼ消失。いつもどおりに歩くことができるようになる。

  • 症状右肘・右前腕部の脱力感があり、肘の関節を曲げると痛みが出て、肘の外側に圧痛がある(男性・68歳)

    • 男性・68歳

      症状

      右ゴルフ肘
      右肘・右前腕部の脱力感があり、肘の関節を曲げると痛みが出て、肘の外側に圧痛がある状態で来院。

      ▼
      経過内容

      力が入りやすくなる。圧痛が軽減する。
      症状がほぼ消失する。

▲