症状別治療例(小児科)

小児科 治療例 症状一覧

学習障害(LD)注意欠陥多動性障害(ADHD)

当院のアプローチ

興奮やパニックを落ち着かせ、日常生活を落ち着いて過ごせるよう促す。また出来なかった事を少しでも出来る方向へ促し、今後のステップアップにつなげる。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

小児科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

学習障害(LD)注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療例

  • 症状落ち着きがない・授業中に抜け出す・集中力がない・多動(男性・6歳)

    • 男性・6歳

      症状

      総合医療センターで「学習障害(LD)」と診断される
      落ち着きがない・授業中に抜け出す・集中力がない・多動

      ▼
      経過内容

      今まで入れなかったプールに、初めて入って遊ぶことができた。
      文字は読むことができるようになる。(文章は読むことができない)ずいぶん落ち着きが出てくる。授業を抜け出すことが減っている。
      一人で登下校できている。
      サッカー教室に通い始め、一人で通うことができている。
      今までできなかった本読み・計算ができるようになる。

      スタッフコメント

      最初は治療中も ベットの上に立ち上がり、カーテンを開け閉めするなどありましたが、今では治療中に計算や漢字練習をノートに書くなど、かなりの落ち着きがみられます。文字もきれいに丁寧に書いています。

  • 症状集中力が無い・言葉の理解力が乏しい・ひとり言が多い(男性・7歳)

    • 男性・7歳

      症状

      病院で「多動症」と診断される
      集中力が無い・言葉の理解力が乏しい・ひとり言が多い

      ▼
      経過内容

      少し落ち着きが出てくる。
      徐々に会話のやりとりができるようになる。
      ひとり言が減っている。
      授業中もおとなしくできるようになってきている。

  • 症状感情のコントロールができない・落ち着きがない(男性・5歳)

    • 男性・5歳

      症状

      病院で「注意欠陥多動症(ADHD)の傾向がある」と言われる
      感情のコントロールができない・落ち着きがない
      発達検査のレベル3歳

      ▼
      経過内容

      落ち着きが出てきている。
      サッカークラブの先生が、「成長し、賢くなったね」と褒めてくれた。
      夜中に目が覚めたり、夜泣きすることがなくなり、熟睡できるようになる。

▲