症状別治療例(小児科)

小児科 治療例 症状一覧

脳室周囲白質軟化症(PLV)

当院のアプローチ

座位や歩行などの運動の遅れや言葉の遅れを改善し、成長と発達を促進します。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

小児科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

脳室周囲白質軟化症(PLV)の治療例

  • 症状座位保持が出来ない、歩行困難、気管切開のため発語が少ない、便秘(女性・3歳)

    • 女性・3歳

      症状

      座位保持が出来ない、歩行困難、気管切開のため発語が少ない、便秘

      ▼
      経過内容

      柔らかい便が2回出た。座位の感覚がつかめてきたのか、手を着いて保持しようとする動作が出てきた。
      リハビリで、前回より体の動きが良くなってきていると言われた。以前ほど体を支持しなくても歩けるようになってきた。
      立位時に頭部が傾かなくなってきた。
      長時間つかまって立位を保つ事が出来る様になってきた。
      発語が増えてきた。
      PTの先生に上半身のバランスが良くなってきていると言われた。他のお母さんに、以前と顔つきが違うと言われた。本人も何事にも意欲的になってきた。
      毎日便が出る様になってきた。 幼稚園での出来事や友達の名前等、自ら話すようになってきた。

      スタッフコメント

      初診から6回目までは宿泊による集中治療。その後は銀座針灸院にて治療。

  • 症状足の緊張が強い・ハイハイや座位が出来ない・左手を使わない(男性・1歳)

    • 男性・1歳

      症状

      足の緊張が強い・ハイハイや座位が出来ない・左手を使わない

      ▼
      経過内容

      ハイハイが出来るようになり、足首の緊張が緩和してきた。
      喃語が出てきている。
      ハイハイに少し力が入るようになり、腰がしっかりしてきた。
      ずりバイから足が少し出るようになった。
      立って歩かそうとすると足を前へ出す動きが出てきた。
      押し車で歩くのが上手になってきた。
      言葉がはっきりしてきた。

  • 症状自閉症・歩けない(女性・4歳)

    • 女性・4歳

      症状

      自閉症・歩けない

      ▼
      経過内容

      最近言葉が良く出るようになり、場面に合った言葉をしっかり言うようになった。
      家でも良く喋るようになり、会話が成り立っている。
      腰周りがしっかりしてきて座位が安定してきた。
      言葉が聞き取り易くなった。
      運動会では歩行器使用して上手に走った。

  • 症状四肢の緊張・けいれん・お座りができない・ことばが出ない・歩けない(男性・5歳)

    • 男性・5歳

      症状

      脳室周囲白質軟化症
      四肢の緊張・けいれん・お座りができない・ことばが出ない・歩けない

      ▼
      経過内容

      もの覚え・反応が良くなり、良く話すようになる。
      言葉らしきものが出てくる。太ももが柔らかくなる。
      足や股関節の緊張が少し柔らかくなる。「おしっこ」を教えるようになる。

      スタッフコメント

      普通校へ入学できて、歩行器で立つこともでき、皆と仲良くできている。

  • 症状発達遅滞・言葉遅れ・体の緊張 (男性・3歳)

    • 男性・3歳

      症状

      国立病院○○医療センターにて「脳室周囲白質軟化症」と診断
      発達遅滞・言葉遅れ・体の緊張

      ▼
      経過内容

      言葉に変化が出てきて、単語が増えてくる。
      表情が豊かになっている。歩行器を使って歩く練習もできるようになる。
      2語文を話すようになっている。(言語の発達は年齢相応に、知的発達は半年の遅れになる)
      3語文も話すようになり、コミュニケーションがどんどん取れるようになってきた。
      何にもつかまらずに10歩ほど歩くことができる。
      病院の医師に「言語・知能・理解力などが年齢相当に発達している」と言われる。

▲