症状別治療例(小児科)

小児科 治療例 症状一覧

小児てんかん

当院のアプローチ

発作の度合いや回数の軽減や、体温調節機能の向上を目指し、成長と発達を促進します。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

小児科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

小児てんかんの治療例

  • 症状点頭てんかんで1日6〜8回の発作があり、脳波には「てんかん波がある(男性・2歳)

    • 男性・2歳

      症状

      点頭てんかんで1日6〜8回の発作があり、脳波には「てんかん波がある

      ▼
      経過内容

      今までは1日に6〜8回あった発作が2回になった。
      発熱後より2ヶ月間発作がない。喜怒哀楽も出てくる。
      発作の回数に変化はないが、機嫌が良い。はっきりした言葉ではないが、発するようになる。
      ハンカチを手に持ちかえたり、腹ばいにさせるとハイハイの姿勢をする。
      良く食べるようになり、便通も毎日ある。発作は1日2〜3回。
      脳波の検査でてんかん波が消えていて、病院の先生にもびっくりされたとのこと。
      つかまり立ちが一人でできるようになり、心臓の結石が4つあったのが1つは消失し1つは半分くらいの大きさになっている。目がよく合うようになり、よく笑うようになる。いろいろな事が毎日少しずつできるようになり、ご両親も今後の成長を大変楽しみにしているとのこと。(初診より1年3か月が経過)

      スタッフコメント

      現在も週に2回のペースで通院されています。
      2009年4月現在 一人で10歩ほど歩けるようになっている。いろいろなものに興味を持ち身長体重ともに増えています。
      てんかん発作も2〜3か月に1回上目になる軽いものがあるが、ほとんど気にならない。「おかーかん」など言葉らしきものもでてきている!

  • 症状ウエスト症候群による発達遅滞(男性・2歳)

    • 男性・2歳

      症状

      ウエスト症候群による発達遅滞
      9か月頃より頭をカクカクさせるようになり、活気がなくなり、笑顔も減り、イライラするようになる。歩行時にフラつく。

      ▼
      経過内容

      てんかん発症以来、ミルク以外のものは口にしようとしなかったが、初めて味噌汁を飲んだ。
      機嫌の悪い日が多かったが、針治療を始めてから機嫌の良い日が増えて、表情も良くなってくる。
      治療後に初めて自分から固形物をスプーンで食べた。
      ミルク以外の物も食べるようになり、よく眠るようになる。
      徐々に歩行時のフラつきが少なくなる。
      月に1回の病院のリハビリで、先生に「行くたびにしっかり歩けるようになっている」と言われる。

      スタッフコメント

      治療開始より約1年になるが、様々なの物が食べられるようになり、大勢いる人の中から「ママ」を見つけて寄っていくなどの変化が出ている。(以前はわからなかったようす)現在も週に2回のペースで通院中。

  • 症状レノックスガストー症候群によるてんかん発作(男性・11歳)

    • 男性・11歳

      症状

      レノックスガストー症候群によるてんかん発作
      生後数カ月からの大発作。さまざまな薬を試すがあまり合わず、調子が悪いと寝たきりのように動けない。現在は二週間に一度程度の頻度。

      ▼
      経過内容

      頭を下垂させ、よたよた歩いていたのが、速度が上がり頭もあまり下垂しなくなった。
      2週間以上でなかったことのない発作が3週間出ていない。
      活動性が上がり表情も豊かになった。足取りも軽く安定感がある。発作も5週間出ておらず、現在も記録は伸びている。

      スタッフコメント

      活動性が上がり表情も豊かになった。足取りも軽く安定感がある。発作も5週間出ておらず、現在も記録は伸びている。

  • 症状1年前から癲癇(てんかん)(男性・3歳)

    • 男性・3歳

      症状

      1年前から癲癇(てんかん)
      低緊張で噛む力がほとんどない

      ▼
      経過内容

      少し落ち着きが出てきてキーキー叫ばなくなった。
      手足のバタバタが減った。
      食事は飲み込む感じだったが、噛む動作が増えてきている。
      便をする際息む力がついてきた。(オナラが出せるようになった。)
      階段を上る際、足に力が入ってきた。最近撮った脳波検査も異常波なく現状維持している。

  • 症状てんかん(west症候群) 発達遅滞 (男性・1歳)

    • 男性・1歳

      症状

      てんかん(west症候群) 発達遅滞
      てんかん発作 首がすわらない 嚥下障害

      ▼
      経過内容

      針治療後は発作が少なくなり、発作を起こしている時間も短くなってきた。
      体の動きを見て、リハビリの先生も成長が見られると言ってくれた。
      作業療法でもピアノに手をのせると手を動かし音を出せるようになった。
      座位の練習ができるようになり、リハビリのレベルが上がってきた。
      嚥下が上手になり、ミルクの量も増えた。ミルクを飲んでいても、むせることが少なくなった。
      脳波の検査結果、脳波の乱れが落ちついてきていると小児科の先生に言われた。

      スタッフコメント

      いろいろな面で成長が見られる。表情が豊かになり、声(喃語)もよく出るようになった。

  • 症状てんかん(4歳の時に屋根から転落し脳挫傷。開頭手術を受けている。)(男性・18歳)

    • 男性・18歳

      症状

      てんかん(4歳の時に屋根から転落し脳挫傷。開頭手術を受けている。)

      ▼
      経過内容

      てんかん発作が出ていない 薬も飲んでいない。
      体調もよく、友達と旅行に出かけることができた。
      就職が決まり、健康的に過ごせている。

  • 症状てんかん(生後8か月から)(男性・5歳)

    • 男性・5歳

      症状

      てんかん(生後8か月から)

      ▼
      経過内容

      1日に10回以上あった発作が2日に1回になる。
      よく眠るようになる。
      治療間隔が開くと発作が増える。
      続けて治療すると発作の回数が少なく・規模が小さい。

      スタッフコメント

      患者さんにもよりますが、治療開始10日間はできるだけ毎日治療し だんだん週に3回・・2回・・1回・・と治療頻度を減らしていくやり方がよい結果がでています。患者さんに合った治療計画を立てています。

  • 症状厚脳回症・てんかん発作(女性・11歳)

    • 女性・11歳

      症状

      厚脳回症・てんかん発作

      ▼
      経過内容

      睡眠不足後の発作が落ち着いてくる。
      発作回数が減少している。
      今まで毎日あったのに、発作のない日が出てくるようになる。
      大発作がなくなっている。
      発作のない日が増えてきている。

  • 症状点頭てんかん(男性・4歳)

    • 男性・4歳

      症状

      点頭てんかん

      ▼
      経過内容

      少しずつ発作の頻度が減少している。
      もう少しで寝返りできそう!「治療後は表情がすっきりしている」とお母様。
      よく笑い、寝返りも上手になり、コロコロと体位を変えられるようになっている。
      発作はあるものの、規模は小さくなり頻度も少ない。

      スタッフコメント

      脳波の所見は大きく変化していないが、域値が高まっている様子。

  • 症状てんかん・発達遅滞・歩行困難・体のバランスがとりにくい・言葉遅れ(男性・6歳)

    • 男性・6歳

      症状

      てんかん・発達遅滞・歩行困難・体のバランスがとりにくい・言葉遅れ

      ▼
      経過内容

      名前を呼ぶと振り返るようになり、立ち止まって待つことができるようになる。
      バランス感覚がよくなり 歩行が少し安定するようになる。
      「おはよう」「おかえり」と言うようになる。
      少し背が伸びて、姿勢が良くなったことにより歩行がさらに安定するように。
      つまづいて転ぶことがなくなり、バランス感覚もよくなっている。

      スタッフコメント

      コミュニュケーションの取り方にも変化が出ているようで、友達との関係も良くなっている。

  • 症状てんかん(4歳の時プールにて転倒してからひきつけ発作が始まる)(男性・8歳)

    • 男性・8歳

      症状

      てんかん(4歳の時プールにて転倒してからひきつけ発作が始まる)

      ▼
      経過内容

      発作の回数が少なくなる。
      体調がよく 発作が全く出なくなる。
      脳波の異常が全く見られなくなる。
      高校を無事卒業することができる。

      スタッフコメント

      その後就職が決まり、現在も体調のすぐれない時にメンテナンスとして治療にお越しになります。

  • 症状点頭てんかん(ウエスト症候群)・脱力発作・言葉遅れ(男性・7歳)

    • 男性・7歳

      症状

      点頭てんかん(ウエスト症候群)・脱力発作・言葉遅れ

      ▼
      経過内容

      よく発声するようになる。
      笑顔がよくでるように。
      大発作が1か月間でていない。
      いろんな声をだすようになる。
      人見知りをするようになる。大発作は1か月に1回に減少する。

      スタッフコメント

      その後も治療を続けて大発作は2カ月に1回ペースになり、小発作は1週間に1回のペースになり、頻度が大幅に減少している。

  • 症状てんかん(生後二か月目から)・歩行困難・言葉が出ない・理解力不足(男性・5歳)

    • 男性・5歳

      症状

      てんかん(生後二か月目から)・歩行困難・言葉が出ない・理解力不足

      ▼
      経過内容

      じっとしていられる時間が長くなってくる。
      発作はあるものの発達がみられるようになる。意志表示するようになってくる。
      理解力が向上している。
      42日間発作がなかったが、昨日は発作があった。
      発作も落ち着いているし、発達がみられる。

  • 症状点頭てんかん・発達遅滞・手足の動きが悪い・斜視(男性・2歳)

    • 男性・2歳

      症状

      点頭てんかん・発達遅滞・手足の動きが悪い・斜視

      ▼
      経過内容

      よく声を出すようになる。
      上肢の動きが改善する。
      視力が向上しているようす。
      症状が強く出ている側の左手が、右手と変わらないぐらいによく動く。
      脳波の異常がみられないようになる。
      言葉の数が増えて運動能力も向上してくる。
      理解力がついてくる。言葉の面の発達もあり、動作も素早くなっている。

▲