症状別治療例(心療内科・精神科)

心療内科・精神科 治療例 症状一覧

自律神経症状(冷え・動悸・めまい・倦怠感・不安感など)

当院のアプローチ

バランスの崩れた自律神経を整えて、それにより起こっている様々な症状を改善させます。また、全身の血液循 環も良好にしてきます。

※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。

心療内科・精神科の画像

治療例(回数を重ねるごとに以下の改善が見られます)

自律神経症状(冷え・動悸・めまい・倦怠感・不安感など)の治療例

  • 症状無気力、食欲不振(女性・23歳)

    • 女性・23歳

      症状

      無気力、食欲不振

      ▼
      経過内容

      食べたい物が少し思い浮かぶようになってきた。
      少しずつ物事に対して意欲的になってきた。
      自発的に家の手伝いをする事が増えてきた。
      一週間のうちで調子の良い日が増えてきた。

  • 症状眼精疲労症状(めまい・ムカムカする・頭首肩にかけての凝り・微熱など)(男性・47歳)

    • 男性・47歳

      症状

      10年前大学病院で自律神経失調症と診断
      眼精疲労症状(めまい・ムカムカする・頭首肩にかけての凝り・微熱など)

      ▼
      経過内容

      体がすっきりし、朝のえづきがなくなった。
      眼精疲労症状が一旦出ると以前は2〜3時間トイレにこもりたくなる程だったが、最近は症状も和らぎ、不快な時間も短くなった。
      初診時は毎日何度もえづいていたが、頻度と共に症状そのものもかなり軽くなった。腹部の張り、背中の凝り、胸やけも消失。
      無意識のうちに入っていた体の余計な力が抜けた。

  • 症状不安感・耳の違和感(女性・33歳)

    • 女性・33歳

      症状

      不安感・耳の違和感

      ▼
      経過内容

      治療始めてから大きな不安感は減っている。
      驚く程調子良く今までで1番症状が楽になる。耳の違和感も少ない。
      不安感なくなったが治りきってはない。耳の違和感はないが頭に重だるさを感じる。
      実家の母親に「最近不安感等の症状言わなくなったね」と言われた。

  • 症状10年以上前から体のだるさ・眠れない(女性・62歳)

    • 女性・62歳

      症状

      10年以上前から体のだるさ・眠れない

      ▼
      経過内容

      体調良かったので自転車で来院出来た。
      食事をおいしく食べる事が出来た。
      体のだるさは楽になったので他の事をする気分になれ、化粧して来院出来た。
      夜は薬なしで眠れ、昼寝も出来た。
      体の調子良く自転車を以前のような早いスピードでこげるようになった。

▲