施術メニュー 接骨・整骨治療

泌尿器科に関する症状と鍼灸治療例

尿が出にくい

当院のアプローチ
針やお灸で全身(特に下半身)の血液循環を良くし、頻尿や尿閉を改善させます。また、夜間の頻尿によって起きることが多い不眠を防ぎます。前立腺肥大や尿閉・頻尿を主訴として来院されるケースは少ないのですが、全身的に治療を行いますので、付随するこれらの症状の改善も期待できます。
※体質や出ている症状に個人差があるように治療経過にも個人差があります。
※早期に治療を開始された方は経過が良好です。できるだけ早い受診をおすすめ致します。
治療例
男性・70歳
頻尿(日中10回以上)。夜間尿(1晩4〜5回)。残尿感。切迫感。睡眠不足。
11回目
尿の出が良くなり、日中トイレに行く回数も減ってきた。
28回目
夜間トイレに行く回数が減ってきた。少し睡眠時間が増えてきた。
42回目
日中・夜間ともに頻繁にトイレに行かなくなってきた。
55回目
夜間尿もなくなり、朝までぐっすり眠れるようになってきた。残尿感もなくなってきた。
回目
回目
回目

予約受付中!

ご予約・お問い合わせ

電話06-6345-1000

FAX06-6347-0199

初診料1,000円off。WEB割引はこちら

ページトップへ

  • 初めての方へ
  • メニュー・料金
  • ご来院、施術の流れ
  • 鍼灸・新脳針治療
  • 小児鍼灸治療
  • 接骨・整骨治療
  • 交通事故
  • 診療時間・アクセス
  • 院長・スタッフ紹介
  • よくある質問
  • 予約・問い合わせ
  • 割引チケット
  • 症状別治療例
  • 症状別治療例(新脳針について)
  • 患者様の声
  • サンケイスポーツ新聞に掲載されました

  • 前田中国医学研究院グループ

メディア掲載情報はこちら

  • 掲載雑誌情報
  • 掲載テレビ情報
  • 中国医学交流
  • 堂島針灸接骨院ブログ

    採用情報

  • 取材の受付